平凡社地図出版

平凡社地図出版

お知らせ

information

  • <夏季業務のご案内>弊社は例年通り、お盆期間中も一斉休業はせず普段通りの業務を行います。但し、規定により7〜9月の間に各自が4日夏休みを取得しますので、詳しくは各担当者までお問い合わせください。 <2022.07.28>
  • 2022年7月16日〜9月25日まで、神奈川県立歴史博物館にて開催される特別展「地図最前線-紙の地図からデジタルマップへ-」において、弊社より貸し出した一部のアナログ資料が展示される予定です。詳しくは博物館の公式webにてご確認ください。 <2022.07.11>
発注なんかしたことない、という方
オーダーメイド MAP GALLERY
学習地図ライブラリー

ほぼ日さま・生活のたのしみ展2022をお訪ねしました

ほぼ日のアースボール、期待の新製品初登場!

ほぼ日さま・生活のたのしみ展2022をお訪ねしました

弊社が出展した第13回教育ITソリューションEXPOと順序が前後しますが、去る2022年4月29日〜5月4日、ほぼ日さま主催の「生活のたのしみ展2022」が開催されました。繰り返された新型コロナウイルスの感染拡大もあって、実に3年ぶりの開催とのことでした。

住友三角広場を会場に開催された「生活のたのしみ展2022」
「ほぼ日のアースボール」販売ブース。左手前が先行発売の「ジャーニー」、奥の青っぽい陳列では第2モデルも併売

「ほぼ日のアースボール」企画では、弊社が初期のビーチボールモデル開発当初から内容編集のお手伝いをさせていただいており、第2モデルとなる衛星画像のみのプラスチックボールでも画像の形状や成型時の歪みなどに対し、提言を差し上げた経緯があります。そして今回、地球儀制作では国内で抜群の技術を有する渡辺教具製作所さまのご協力もあって、地名や線・面の描画が復活した第3モデル「ジャーニー」が完成し、本展示会において先行発売と相成った次第です(一般販売は2022年7月1日開始予定とのことです)。

会場背後の大画面でも「ほぼ日のアースボール」先行発売をアピール中

「ほぼ日のアースボール」は、スマホやタブレットなどのガジェットで機能するアプリ経由で、カメラ越しにアースボール球体を眺めると様々なコンテンツを切り替えて楽しめるという、AR技術を駆使したまったく新しい地球儀です。その斬新なアイデアから、第2モデルが第30回日本文具大賞では機能部門でグランプリを獲得しているほか、ビーチボールの初期モデルからの累計ですでに10万個を売り上げたというリリースも出ており、人気も上々です。

左が今回のイベントで先行発売された第3モデル「ジャーニー」。右の少し小ぶりなのが第2モデル
iPadにインストールされたアプリ経由でアースボールを眺めた様子。全く違ったコンテンツが楽しめる、表示例は「現在の雨域」

第3モデルをイベントでお披露目するとお聞きし、大型連休の谷間である5月2日、職場に少し無理を言って会場へ様子をお伺いに行った、というのが正直なところです。上記ブース写真にもあるように、先行発売モデルも陳列がそこかしこで歯抜けになって売れている様子が分かります。他ブースと比較すると決して安い商品ではない中、興味を示して立ち寄ってくださるお客さまもかなりいて、何よりでした。また、事前に話はうかがっていたのですがイベント用に特注された展示巨大アースボールも鎮座しており、驚いたことに付けられた高額な値段にもかかわらずお買い上げくださったお客さまがいるようで、「成約済」となっていて思わず声を上げてしまいました。

右にチラ見えしている人と比べても巨大さが分かる展示用アースボール。132万円でもお買い上げの方がいらっしゃった! 販売ブース写真奥の第2モデル巨大展示物も、いくらか小さくお安いもののやはり成約済…

「地球儀」とは言え、地図同様にリリースしっ放しというわけにはいきません。地球上のものは絶えず変化し続けていて、それらを追いかける必要は当然ありますし、商品の性格上コンテンツはどんどん積み上げていくことができますので、今後ともさらなる拡張・進化に向けたアイデアに期待したいところです。

地図往来

地図制作の現場体験から「地図」の魅力を多方面にわたり語って参ります。地図はおもに私達の生活する地球上の時空間の仕組みを図化するものです。従って、自然、人文現象等、森羅万象を対象といたします。縮尺の概念が絡む世界ですが、大変広域に、また奥深く・・・お楽しみに!

電話からお問い合わせ

tel

お気軽にお電話ください

03-6265-3821

お問い合わせフォーム

contact

*全項目が必須入力となりますので、ご記入よろしくお願い致します。